相続法務指導員

コラム

2021.11.25 遺言作成の道案内 パート20

遺言者ご本人の戸籍調査を行う

ご本人出生から、今現在に至るまでの戸籍謄本を市区町村役場で取得します。こちらで推定 相続人(配偶者・子・親)を確定する工程を取ります。 ご本人が独身、子がいらっしゃらない場合は、兄弟姉妹が推定相続人となります。この場合 は、ご本人の「両親の出生」まで遡り、戸籍謄本を取得することとなります。

2021.11.22 遺言作成の道案内 パート19

受任→「戸籍・住民票」の調査を開始

正式に受任いたした後、こちらの調査から遺言作成業務は始まります。 公証役場に戸籍謄本を提出する必要があるためです。 推定相続人を明確にした上で、遺言者ご本人に的確なアドバイスを行っていくことが、 行政書士としての立場です。

2021.11.18 遺言作成の道案内 パート18

作成業務の受任

ご相談(ご説明)等にご納得、ご依頼をいただいたところで正式に、「業務受任」といたし ております。(事前に)準備いたします「委任状・同意書」への署名等と、「着手金および実 費預かり金」を受領させていただいた後、速やかに業務に着手して参ります。

※当オフィスでは、上記の際にお渡し(郵送)いたします、領収証は「着手金」と「実費預 かり金」に分けてお渡しいたしております。

2021.11.15 遺言作成の道案内 パート17

殊更、

「遺留分」のことは、お客さまにご理解いただけるよう、丁寧にアドバイスさせていただい ております。「報酬・実費預かり金」のご説明も同様です。お金のやり取りの説明は、お互 いの「信頼関係」を大切にするために、必要不可欠なものだと肝に銘じております。

このご相談の中で、遺言原案の内容が大まかにイメージできるように(できることが理想で す)進めて参ります。

2021.11.11 遺言作成の道案内 パート16

それではもう少しく掘り下げていきましょう。

遺言原案を作成するためのご相談(初回)

ご相談者さまの情報(住所・氏名・電話番号などの連絡先)を確認いたします。 お互いに確認をしあい、意思の疎通を取りあいながらご相談を進めていきます。

※遺言者ご本人以外の方からの相談もよくあるケースですが、 私はその場合「必ず遺言者ご本人と後ほどお会いし、意思の確認・判断能力があるのか?」 を、確認した上で、次のステップに進むようにいたしております。 遺言書作成を望んでいるのは、ご本人ではなく推定相続人であることも多いのが実情だか らです。ご相談の内容は、十二分な管理・保護のもとに保管いたします。

2021.11.08 遺言作成の道案内 パート15

遺言作成の水流②

⚫ 遺言原案作成後、ご依頼者さまと再々度のご相談→原案の内容をご確認いただき、修正等を経てご納得いただくまで

⚫ 公証人の方と打ち合わせ

⚫ ご依頼者さまへ公正証書作成の日程等をご連絡

⚫ 公正証書遺言を作成(公証役場にて)

⚫ 公正証書遺言の確認→ご依頼者さまへ引き渡し

簡易ではございますが、以上が、遺言作成の大まかな水流となります。

2021.11.04 遺言作成の道案内 パート14

遺言作成の水流①

私ども行政書士が、遺言作成のご依頼を受けた際の水流を記していこうと存じます。

⚫ 遺言原案を作成するためのご相談

⚫ 戸籍・住民票の調査

⚫ 財産調査

⚫ ご依頼者さまと、再度のご相談(調査のご報告、遺言内容の打ち合わせ)

⚫ 遺言原案の作成

次回に続きます。

2021.11.01 遺言作成の道案内 パート13

昨今の「相続ワンストップサービス」や、昨年の夏から開始されました「自筆証書遺言書保 管制度」など、様々な制度が普及し始めました。 しかしながら、地域によってはそもそもそのような制度が始まっていることをご存じない 方々も一定数いらっしゃるのが、現状なのだろうと思っております。

話は逸れましたが、所見ではありますが、昨今の状況を鑑みつつも、現段階では「公正証書遺言」を作成してお くことが、やはり「正道」なのかなと思料いたしております。特に地方においては、こちら で作成されたお客さまより、安堵のお声をいただくことが多いと感じております。

2021.10.28 遺言作成の道案内 パート12

至極当然でありますが、当オフィスでは、 どの事案でも受任いたす前に、お客さまに報酬・業務期間(目安)を説明し、「委任状・同 意書・報酬額計算書」などの文書に必ず記載いたしております。

「当たり前のことだ。」と、言われればその通りでございますが、 明確な報酬説明、かつ文書に記載してお渡しするといった「当たり前だからこそ、当然に行 うこと」を、基本規則の一つとしております。

2021.10.25 遺言作成の道案内 パート11

デジタル庁が今年度9月より設置され、私たちの国は今後、デジタル化が進むのはみなさまもご存じのところだと思います。

昨日のとおり、私自身は反対ではありません。 しかしながら、「遺言」が持つその性格上、重要な連絡等は「文書にて、見やすい文字の大きさを鑑みて」行っていくことが、現状では未だ宜しいのかなと思う次第です。

※あくまでも所見でございます。

オンライン・オフラインをお客さまのニーズに合わせ、ご対応いたすことが今後のスタンダードとなると思っております。

2021.10.21 遺言作成の道案内 パート10

対面方式の利点としましては、 「遺言者さまご本人の状況」が確認できる点だと、私は思います。 核家族化が進んでいる昨今の情勢を鑑み、訪問いたしてのご相談、ご来所いただいてのご相 談、喫茶店等でのご相談と、お客さまのご事情に合わせ柔軟に対応いたすことで、お客さま の心理的不安を少しでも和らげることができるのだろうと思料する次第です。

2021.10.18 遺言作成の道案内 パート9

遺言作成業務の第一歩は、「相談」から始まります。

昨今のウィルスの影響もあり、オンラインでの相談が主流に成りつつあります。 私も、その流れには反対ではありません。 しかしながら、デジタル化の流れに「ついていけないのよ」とのお言葉も頂戴いたしている 最中、時と場合により、対面方式でのご相談も臨機応変に対応いたすことが、お客さまの安 心につながるものと思料いたします。

2021.10.15 遺言作成の道案内 パート8

特に、事前の書類収集と財産調査には、多少のお時間を頂戴いたしましても「慎重かつ、念には念 を入れて」、対応いたすことが「筋道」だとの思いです。

殊更、「推定相続人」・「遺留分」・「なぜ相続の持分が無い(その理由)」・「財産の種類および、そ の量」には、強い着眼点を向け、事前の十二分な調査→明白な説明をいたすようにしております。

2021.10.12 遺言作成の道案内 パート7

当オフィスの、「遺言作成業務の在り方」といたしまして、

遺言作成業務とは、

⚫「事前の書類収集、調査を踏まえた、遺言原案を作成」

⚫「公証役場での証人立会い」

⚫「その後の遺言執行」

上記、一連の流れを全て包括して受任することが、お客さまの安心につながるのだと思料いたしております。

2021.10.08 遺言作成の道案内 パート6

ご相談の場に、「遺言者ご本人さま」ではない方々がお越しになることもございます。 (ご家族の方々が多いかと。) 私は必ずご本人さまと「お会い」してからの受任といたしております。

⚫ 遺言を作成するご希望を「誠に」お持ちなのか?

⚫ ご本人さまに遺言を作成する「理由」、言い換えれば、「判断能力がお残りか否か」

を確認してからではないと、後々問題が起こり得るやもしれません。

2021.10.05 遺言作成の道案内 パート5

私ども、「行政書士」が行います、「遺言業務」の内容は、「遺言原案を作成する」と言う、 書類作成であります。そして、その書類を作成するための「各種書類、資料などの収集作業・ 財産などの調査作業・遺言原案を作成するための相談」でございます。

2021.10.01 遺言作成の道案内 パート4

特に、「遺言を事前に作成しておくことは大切なことなんだと。」
いずれは私自身にも発生する「相続」。残された方々が行うであろう、 相続手続きが揉めることなく、かつ速やかに進められる、「大切な方々への置き手紙」 なんだろうと。所見ではございますが、私事も踏まえまして、 そのように思料いたす、昨今でございます。

2021.9.28 遺言作成の道案内 パート3

遺言や相続と聞くと、弁護士(司法書士)の方々を思いつくのが一般的だと思います。 「相続が争族」にならないようにと、昨今は耳にすることが増えたような気がしております。 みなさまに知っていただきたいのは、「行政書士も一定のラインまでは対応が可能」だと言 うことです。もちろん、「争族」になり得そうな事案には対応できません。 しかしながら、「事前に速やかな対応を施し、必要のない無駄な争いごとを未然に防ぎ、み なさまが育てあげてこられた大切な財産から、無駄なお金を報酬として出費しないよう、お 手伝いをすること」が、行政書士の私の使命だと思料いたしております。

2021.9.23 遺言作成の道案内 ご挨拶

当ホームページにお立ち寄りいただき、誠にありがとうございます。
今回から、「遺言・相続」に関するコラムを掲載して参ろうと存じます。
もし、お時間お許しいただけるのなら、ご笑覧いただけたらと思います。
どうぞよろしくお願いいたします。

「遺言・相続」は、「人さまの思い」の比重が大きい性格を持っています。
私事、祖母の戸籍・財産調査等をいたし、また、父と母、そして自身の遺言作成(公正証書)をいたしている最中に感じることは、「己の人生を振り返る一時」だと、若輩ながら感じております。
人としての「品位・品質」が重要で、かつお相手を慮る立ち振る舞いが、この上なく大切なことだと思料いたしております。

Newsへ戻る

トップへ